お知らせ

キャンペーン・お知らせ

ユニリタとオープンソースの統合監視ツール「Zabbix」を活用した協業を開始

株式会社アークシステム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小和瀬 英文、以下 アークシステム)と株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役:竹藤 浩樹、以下 ユニリタ)は、この度、オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」を活用した協業を開始いたしました。

システム運用の現場では、アプリケーションが稼働するインフラ環境の増加や変化によって発生するコストが大きな課題となっています。特にサーバ監視においては、稼働環境の仮想化やクラウド化により監視対象が拡大し、監視コストが増加する傾向にあります。このような中、古くから稼働するサーバ監視ツールの多くは高額であるため、最近では同等の機能を有したオープンソースツールへの置き換えが進んでいます。

ユニリタは、かねてからジョブ管理ツール「A-AUTO」のサーバ監視機能として「Zabbix」を組み込んで提供しています。

一方、アークシステムが提供する「まるごとおまかせZabbix」では、監視対象数や項目、レポート作成といった用途に合わせた複数のテンプレートを用意しています。

両社のサービスを組み合わせたものからお客様に選択いただくことで、低価格かつ短納期で「Zabbix」の利用を開始することが可能になります。

ユニリタによるプレスリリース

ユニリタとアークシステム、オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」を活用した協業を開始(別ウィンドウで開きます)

アークシステム 「まるごとおまかせZabbix」サービス紹介ページ

Zabbix環境構築・保守を低価格・短納期で「まるごとおまかせZabbix」
http://www.arksystems.co.jp/services/open/op040/zabbix_marugoto_omakase.html

※記載の会社名・製品名、固有名詞等は当社および各社の商標または登録商標です。

このページの先頭へ