アークシステムの業務事例

メインフレーム基盤ソリューションの事例

システム・インフラ基盤の設計・構築の事例

OSリリース差20を越え基幹メインフレームシステムを刷新

大手通信企業の基幹システムにおいて、OSのリリース差20を乗り越えてメインフレームシステムを刷新し、最新の機能やサポートおよび柔軟な拡張性をもつシステム基盤環境を構築しました。ハードウェアも含めて対応したことに加え、システム運用業務の改善およびセキュリティの強化も実施しました。

  • OS390 v1.2⇒z/OS R12
  • CICS/ESA V4.1⇒CICS/TS V4.1
  • IMS/ESA V5.1⇒IMS V11.1
  • 2098(z10)

お客様の業種

通信

お客様の目的

システム老朽化対応

アークシステムの支援の特徴

長年のユーザー支援で蓄積したメインフレーム知識を活用し入念に変更点を調査することで、リリース差20の壁を乗り越えてメインフレームシステムを刷新。ハードウェアも含めて対応。プラットフォーム構築のみならずシステム運用業務の改善およびセキュリティの強化も実施し、最新の顧客要件にマッチしたシステム基盤環境を構築

プロダクト

[ z/OS ] [ CICS/TS ] [ IMS ]

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ