アークシステムの業務事例

メインフレーム基盤ソリューションの事例

システム・インフラ基盤の設計・構築の事例

長期凍結されていたOS/390システムをz/OS最新バージョンに更改

サポート切れとなっている基盤ソフト(OS/390)が本番稼動しているメインフレーム環境において、最新システム(z/OSメジャーバージョン)に移行するにあたってのリスクの洗い出し、手順の検証と確立といった計画の立案段階から参画いたしました。メーカーとの連携をはかり、実際の環境構築と課題解決、お客様のテストサポートなどを実施し、問題のない更改作業を完遂いたしました。

  • OS390 V2.6⇒z/OS R6
  • DB2 V6⇒DB2 V7

お客様の業種

製造

お客様の目的

システム老朽化対応

アークシステムの支援の特徴

豊富なメインフレーム業務経験を基に、お客様が把握できていなかったシステム環境の調査から実施し、必要な移行作業の洗い出しから構築・移行作業までを一貫して実施。また、ユーザーアプリケーションテスト時も、アプリケーション環境要因かインフラ環境要因かの切り分けから問題解決までを一貫してサポートし、問題のない安全な移行を完遂

プロダクト

[z/OS] [DB2]
 

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ