MAINFRAME

システム基盤更改サービス

~SAVE the MAINFRAME~


様々なアーキテクチャが混在する企業システムにおいて、長年の運用ともに老朽化し塩漬けにされがちなメインフレーム(汎用機)の基盤環境を最新環境に更改いたします。企業の基幹システムにおける重要なアプリケーション資産を保有し、現役で稼働し続けるメインフレーム環境の保守切れリスクに対し、システム更改に必要なサービス全体をカバーするソリューションを提供いたします。

Feature

メインフレームとともに歩み続けた技術とノウハウをベースとした確かなサービス


 
数多くのシステム更改を継続実施

数多くのシステム更改を継続実施

創業以来現在まで継続してメインフレームシステム更改プロジェクト携わってきた数多くの実績を保有しています。直近の五年でも40件を超えるプロジェクト実施があり、現在もなお多くのプロジェクトが進行中です。

最新技術をカバーしつつ更改リスクを抑制

最新技術をカバーしつつ更改リスクを抑制

一般的にはシステム更改のバージョン差異が大きいほど、そのリスクも大きくなります。当社は常に最新のメインフレーム製品に関わり続けてきたことにより培った高い技術と知見をもとに、システム更改のリスクを最小限に抑えます。

幅広いサービス領域と対応製品

幅広いサービス領域と対応製品

ハードウエア、OS、ミドルウエアなどのシステム基盤製品はもとより、アプリケーションプログラムやJCLなどのお客様資産や、サードパーティー製品(ISV)にも対応します

 

Background

メインフレームを使い続けるお客様に攻めの環境作りを


企業のメインフレームシステムは過去数十年間その運用コストが問題視され、オープン化の波にさらされてきました。しかしながらそのセキュアなアーキテクチャや仕組みとしての堅牢性が評価されて、いまでも多くの企業の基幹システムとして生き続けています。またその一方で構築サービスを提供するサービスベンダーは減り続け、技術の希少化に伴いコストも増大しつつある状況が生まれており、メインフレームシステムを継続使用する上での阻害要因となっています。

アークシステムは多くのメインフレームエンジニアを育成しながら、常にメインフレーム技術とともにあり続けることで、お客様にとって効率的で安全な更改サービスを提供してまいります。

メインフレームを使い続けるお客様に攻めの環境作りを

Menu

システム更改をより案件・確実・適正コストで実現


 
OS・ミドルウエア環境バージョンアップ

OS・ミドルウエア環境バージョンアップ

z/OS、z/VSE、z/VM、z/Linux、DB2、CICS、IMS、MQなどのIBM基盤プロダクトを中心に、バージョンアップ業務を一括してお請けしま3rdサードパーティソフトウエアにも対応が可能です。

ハードウエア環境更改支援

ハードウエア環境更改支援

Zサーバー、DISK、仮想テープ装置などのハードウェア製品のリプレースを、安全性の高い計画でシステム停止を最小限に抑えて実施します。データ移行なども含めたサービスも提供が可能です。

言語環境の最新化

言語環境の最新化

アセンブラやCOBOL、PL/Iなどアプリケーションのコンパイラ環境を最新化します。非互換内容の洗い出し、影響分析、お客様環境での対応項目の明確化を実施し、環境変更のインパクトを最小限に抑えた移行を実現します。

 

お問い合わせ

サービスの導入をご検討されている
またはサービスについてのご質問などがございましたら
お気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちらから