アークシステムの業務事例

メインフレーム基盤ソリューションの事例

システム・インフラ基盤の設計・構築の事例

CPU更改にともなう基盤環境バージョンアップ支援

汎用機のCPU更改にともない基盤環境ソフトウェアをバージョンアップする必要が生じたため、z/OSおよびDB2のバージョンアップを支援いたしました。アークシステムの担当は、z/OSでは計画・設計・導入・カストマイズ・基盤テスト・移行の全工程、DB2ではユーザー資源移行以外の工程です。

途中、導入用メディアの到着遅延などにより開始が大幅に遅れたり、オープン系プロダクトとの互換性の問題により一部の基盤ソフトウェアのダウングレードを余儀なくされたりと不測の事態にも見舞われましたが、豊富なバージョンアップ経験を活かして臨機応変に対応し、計画通りに移行を完遂しました。

今回が初めてのお客様でしたが、プロジェクトを進めていく中で信頼関係が醸成され、お客様が抱える運用面の課題もご相談いただいております。

  • z9⇒z114
  • DS8700⇒DS8870

お客様の業種

サービス

お客様の目的

CPU更改および汎用機基盤環境ソフトウェアのバージョンアップ

アークシステムの支援の特徴

豊富なバージョンアップ経験により想定外の事態に遭遇しても臨機応変な対応が可能

例えば本プロジェクトでは・・・

  • 導入用メディアの到着遅延により導入開始が大幅に遅れたが、作業スケジュールの短縮等で挽回し、予定通り移行を完了
  • 担当外のオープン系プロダクトで影響調査に漏れがあり、移行直前に互換性のないことが発覚したが、汎用機基盤側の一部ソフトウェアをダウングレードすることで計画通りに移行を完了

プロダクト

[ z/OS V1.13 ] [ DB2 V10.1 ] [ QMF V10 ] [ Netview V6 ] [ Enterprise COBOL V4 ] [ Enterprise PL/I V4 ] [ PSF V4 ] [ File Manager V12 ]

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ