アークシステムの業務事例

メインフレーム基盤ソリューションの事例

システム・インフラ基盤の設計・構築の事例

ディスク装置DS8100からDS8700へのデータ移行支援

基幹システムのハードウェア増強を目的としたCPUおよびディスク装置のリプレイスプロジェクトにおいて、DS8100からDS8700へのデータ移行を支援いたしました。

アークシステムはディスク装置リプレイスにともなうzサーバーのI/O構成変更と、ディスク装置上のデータ移行を担当し、データ移行はz/OSを使用してz/VM、z/Linux用のボリュームも移行しました。

  • z10⇒z196
  • DS8100⇒DS8700

お客様の業種

製造

お客様の目的

z/Linuxでの新規アプリケーション開発にともなうハードウェア増強

アークシステムの支援の特徴

  • これまでの類似する支援で培ったノウハウを活かし、より早く正確にデータ移行を実施
  • 移行時間短縮のためJCLの実行や確認作業を極力自動的に実施
  • 新旧ディスク装置の併設期間を少しでも短縮したいというお客様の要望を実現
  • お客様担当部分の作業についてもサポートを実施

プロダクト

ディスク装置・・・[ DS8100 ] [ DS8700 ]

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ