アークシステムの業務事例

メインフレーム基盤ソリューションの事例

システム・インフラ基盤の設計・構築の事例

バックアップデータ暗号化をともなうハードウェアリプレース

CPU、ディスク装置、テープ装置といったハードウェアのリプレースと、これにともなうDR環境の変更を支援する際、新機能であるEncryption Facility for z/OS DFSMSdss Encryption Featureを用いてバックアップデータ(TAPE)を暗号化する環境も構築いたしました。
非常にタイトなスケジュールであったにもかかわらずノートラブルでプロジェクトを進行し、お客様の信頼を得ることができました。

  • z10⇒z114
  • DS8100⇒DS8800

お客様の業種

製造

お客様の目的

  • 将来のソフトウェアバージョンアップを見据えたハードウェア老朽化対応
  • 無保護であった外部保管バックアップデータの暗号化

アークシステムの支援の特徴

お客様目線での責任感をもった業務遂行

例:

  • タイトなスケジュールの中、移行リハーサルを断念しようとする協業企業を説得し、担当作業のスケジュールを短縮することでスケジュールを捻出して移行リハーサルを実施。この結果、ハードウェアの問題点の事前発見につながり、トラブルを未然に防ぐことができました。
  • 他環境に関する参考情報の提供や、新機能の紹介、トラブルがあればプロジェクト範囲外でも協力する姿勢などがお客様から評価されました。

プロダクト

[ Encryption Facility for z/OS DFSMSdss Encryption Feature ]

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ