アークシステムの業務事例

メインフレーム基盤ソリューションの事例

システム・インフラ基盤の設計・構築の事例

TDMFによるDISK装置ベンダーに依存しない遠隔データ移行

大規模なデータセンター移転プロジェクトにおいて、移転元DISK装置上のデータを遠隔地にある移転先DISK装置へ移行いたしました。移転元と先とでDISK装置のメーカーが異なるため(※)、z/OS TCP/IP機能を利用するTDMF(Transparent Data Migration Facility)という最新の手法を用いることで、メーカー固有の移行方式に捉われることなく、安価かつ短期間でリモートコピーを実施いたしました。

※DISK装置はEMC DMX1000からIBM DS8800

お客様の業種

通信

お客様の目的

なるべく安価な方式で工数を抑えてのデータ移行

アークシステムの支援の特徴

  • z/OS環境構築に関する多くの経験から、TDMFのような最新技術分野にも対応可能
  • お客様の立場に立って安価かつ短期間での実現方法を検討、立案
  • z/OS関連プロダクトの設計、構築、実装からテスト、移行まで全フェーズに対応可能

プロダクト

[ IBM  データ・モビリティー・サービス Softek TDMF for z/OS バージョン 5.2 ]
[ z/OS V1R10 TCP/IP機能 ]

ディスク装置・・・[ EMC DMX1000 ] [ IBM DS8800 ]

ポイント

  • DISK装置メーカー固有の移行方式に捉われることなく遠隔データ移行
  • z/OS TCP/IP機能を利用する最新の移行方式であるTDMFを採用
  • 安価かつ簡単かつ短期間にDISK移行を実施

TDMFとは

TDMF(Transparent Data Migration Facility)とは、IBM データ・モビリティー・サービス Softek TDMF for z/OSの略称で、z/OS TCP/IP機能を利用する最新のデータ移行方法です。

  • ソフトウェアによるDISK移行
  • DISK装置ベンダー非依存
  • 業務中断をともなわないDISKコピー
  • TCP/IPネットワーク経由のDISKコピー

という特長を持つため、チャネル経由であれば通常業務の実施中でもDISK移行が可能であり、遠隔地へのデータ移行にも最適です。

TDMFによるDISK移行を選択した経緯

大規模なセンター移転にともなうDISK移行に際し、お客様から安価かつ簡単に実施したいという要望を受けて検討を行い、これを実現する方式としてTDMFを選択しました。

従来の方法とTDMFによるDISK移行方法との比較

  テープ搬送による移行 GlobalMirrorによる移行 TDMFによる移行
コスト
 

移行JCL、テープ装置準備などが必要 
×
移行環境構築に大きなコストが発生

比較的低コスト
コピー速度 ×
遅い

速い

速い
制約
特に制約はない
×
DISKベンダーにより異なる

特に制約はない

⇒【もっと詳しく!】TDMFによる移行の3つの利点(別ウィンドウで開きます)

TDMFによるDISK移行イメージ

TDMFによるDISK移行イメージ

効果など

TDMFを用いたことで、お客様の要望どおり安価かつ簡単にDISK移行を実施しました。
1G回線を使用し、3390-3型412volを約2時間強でコピーしました。

このほかのTDMF活用例

例えば「日次で災対センターへ同期データ保管をしたい」という場合にもTDMFは有効です。
TDMFならば容易に日常運用に組み込むことができます。

このような課題をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ