お知らせ

Webサイトへの寄稿

インターネットVPNに関する取材協力記事の紹介

企業で導入するIT製品選びをサポートするサイト「キーマンズネット」に、アークシステムのエンジニアが取材協力した、インターネットVPNに関する特集記事が掲載されました。ぜひご高覧ください。

キーマンズネット 【IT導入完全ガイド】

キーマンズネットは株式会社リクルートが提供する、企業で導入するIT製品選びをサポートするサイトです。記事の全文をご覧いただくには、同サイトへの会員登録が必要となります。

進化する海外事情!インターネットVPN

http://www.keyman.or.jp/at/network/i-vpn/30004873/ (別ウィンドウで開きます)

海外市場も注目!最新インターネットVPN
拠点同士を接続するためのネットワーク、いわゆるWAN(Wide Area Network)は、企業にとって欠かすことのできない重要なインフラだ。WAN構築においては様々な選択肢が考えられるが、IP-VPNや広域イーサネットなど閉域網によるサービスから、今ではベストエフォートなインターネット網を活用した「インターネットVPN」に注目が集まっている。特に円高の影響から海外シフトが加速する日本において、上手にインターネットVPNを活用したいと考える企業も少なくないはずだ。そこで今回は、改めてインターネットVPNについて振り返りながら、事業者が提供しているインターネットVPNサービスの実態に迫りたい。

参考:アークシステムのネットワーク関連事例

ブロードバンドでコスト削減!大規模ネットワーク構築

企業の大規模ネットワークにおいて、コンシューマ向けのブロードバンド回線を活用し、高速で、可用性の高いネットワーク環境への改善を、低コストで実現いたしました。一般的にブロードバンド回線は、信頼性への懸念から、企業ネットワークでの使用が敬遠されがちですが、リスクを回避するためのさまざまな工夫をほどこすことによって、エンタープライズシステムでの使用も充分に可能なことを実証した事例です。
この支援において当社は、お客様とベンダー・キャリアの間に入って支援させていただいたことで、ベンダー・キャリアのいいなりにならず公正な選定を行い、お客様のメリットを最大化することができました。
ブロードバンド回線を企業で使用することに不安をお持ちの方や、ネットワーク費用は光熱費のようなもので大幅なコスト圧縮は難しいとあきらめかけている方に、ぜひお勧めいたします。

高い装置にさようなら ! キャッシュ・プロキシサーバーの負荷分散を安価に

大規模企業様でのネットワーク更改の設計・構築を実施した際、インターネット閲覧のためキャッシュプロキシサーバーを複数台導入しました。その際、高価な負荷分散装置を使用することなく、安価なDNSラウンドロビン方式をフル活用し、負荷分散のみに留まらず高可用性を同時に実現しました。
負荷分散と可用性確保のために高価な負荷分散装置の導入を選択していませんか?
DNSラウンドロビンという古くからの周辺技術の進化を見過ごしていたばかりに、多大なコストを無駄にしているかもしれません。

簡単にセキュリティ強化!DHCPサーバーのみで不正PCを排除

企業の情報を守るためのセキュリティ対策として、不正なPCを社内ネットワークにアクセスさせないしくみを検討する際、一般的には実現レベルと費用の兼ね合いで選定に多くの時間がかかり迅速な対策が打てない状況にあるようです。
本稿では不正PCを排除するしくみを、既存のDHCPサーバーを活用するだけで、追加投資なく、簡単かつ迅速に実現した大規模企業の事例を紹介いたします。

このページの先頭へ