お知らせ

セミナー・講習・イベント

終了オブジェクト倶楽部のイベントにて「自分で創るはじめてのXFD講座」を担当

オブジェクト指向技術について実践、研究、発表するグループ「オブジェクト倶楽部」が主催する2006クリスマスイベントにおいて、アークシステムのエンジニアが「自分で創るはじめてのXFD講座」というワークショップの講師を務めました。

オブジェクト倶楽部2006クリスマスイベント

http://www.objectclub.jp/event/2006christmas/index_html (別ウィンドウで開きます)

開催日程 2006年12月20日 (水)
会場 国立オリンピック記念青少年総合センター
アークシステム担当ワークショップ 自分で創るはじめてのXFD講座
概要

XFD (eXtreme Feedback Device : ソフトウェアあんどん) は、定期ビルド失敗などの異常をランプの点灯などで伝える、プロジェクトの見える化の一つの方法です。XFDは直接的にソフトウェア生産性向上に寄与するものではありませんが、改善の象徴としてチームの一体感を高めるなどの効果があります。自分たちで創ったXFDを使えばきっとチームの雰囲気も良くなることでしょう。

当ワークショップでは、ワンチップマイコン (Atmel社AVR) を使ったUSB接続のXFDを作成します (PCからコマンドを送ることにより、パトランプを回転させる予定です) 。ハンダ付けなどの特別な技能は必要ないので、電子工作の経験がなくても心配ありません。参加者の皆さんご自身で、自分だけのXFDを創りあげていただきます。

普段あまり機会のない電子工作を体験することにより、新たなモノ創りの楽しさを発見していただければ幸いです。

講演者 株式会社アークシステム 芦沢 嘉典
主催 オブジェクト倶楽部 (株式会社永和システムマネジメント)

このページの先頭へ