お知らせ

セミナー・講習・イベント

終了IPA未踏ソフトウェア創造事業「成果報告会」で発表

未踏ソフトウェア創造事業とは、ソフトウェア関連分野で優れた能力を有する人材を発掘支援することを目的に、独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) が2000年度から実施している事業です。

平成18年度上期には、アークシステムのエンジニアが提案した「メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システム」も採択され、千葉PMのもと開発を行って参りました。くわしくは、「コンテンツ管理に柔軟な拡張機構を ! Kvasir/Sora開発奮闘記 (Close-Up ITコーナー) 」をご覧ください。

このたび千葉PMに指導を仰ぐ4プロジェクトの「成果報告会」が開催され、多くの方に開発者の生の声にふれていただきました。

IPA平成18年度上期未踏ソフトウェア創造事業千葉PM「成果報告会」

開催日程 2007年2月24日 (土)
会場 新宿パークタワー
アークシステム担当発表タイトル 成果発表「メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システム」
概要 Webサイトの開設に要するコスト低減と期間短縮を図るための方法として、コンテンツ管理システム (CMS) が注目されています。「メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システム」プロジェクトでは、要件に沿ったWebサイトを効率よく構築できるよう、柔軟なプラグイン機構を持つCMSを開発しました。また、プラグイン開発からWebサイトの運営までをトータルに支援するために、プラグイン開発支援EclipseプラグインやWYSIWYGにWebサイトを構築できる管理ツールもあわせて提供します。
発表者 株式会社アークシステム 横田 健彦
株式会社アークシステム 本間 宏崇
主催 千葉 滋

 

このページの先頭へ