Webシステムソリューション

開発技法(ノウハウ)の提供

情報システム品質に関する第三者検証サービス

情報システムに関して次のような不安をお持ちではありませんか?

  • 構築ベンダーの開発作業プロセスや成果物の品質が妥当なのか不安がある
  • システム障害の原因がどこにあるのか客観的に評価し、実効性のある対策を打ちたい
  • 社内システムを改善をしたいが、どこから手をつけていいかわからない

アークシステムの第三者検証サービスは、情報システムの設計品質やプログラム品質について、第三者の立場から検証するサービスです。開発手順やプロセスに関する改善支援はもちろん、障害対策やオフショア開発の評価なども実施いたします。

最大の特徴は、単にある時点での成果物などについて検証を行うだけではなく、その組織やチームが品質検証、品質改善のプロセスを自律的かつ継続的に実施できるようにするための支援に重点を置いていることです。

アークシステムの検証コンセプトアークシステムの検証コンセプト

  • ①お客様のビジネス/事業/システム特性などに対応した品質管理規定を定義する
  • ②新規開発や保守において品質管理の「計画」、「測定」、「分析・予測」、「対策」のPDCAサイクルをまわすとともに、品質管理、予測の指標とするデータを蓄積していく
  • ③蓄積された過去実績データを分析し、継続的に品質評価モデルを洗練化させていく
  • ④上記PDCAの結果を評価し、各種規定書の修正/見直しを実施していく

主な支援項目

アークシステムの第三者検証サービスの主な支援項目は次のとおりです。

  • 上流工程(要件定義~内部設計)における設計品質の検証
  • 下流工程(製造~総合テスト)におけるプログラム品質の検証
  • 開発手順、プロセスに関する検証、評価および改善活動の支援
  • 障害原因および対策に関する検証
  • ドキュメント品質検証
  • ソースコード品質検証
  • オフショア開発の第三者検証

⇒【参考】情報システム品質確保の現状とアークシステムの品質に対する考え方(別ウィンドウで開きます)

支援ターゲット領域

最終的な成果物の品質を確保するためには、プロダクト品質に注目するだけでは不十分です。プロセス品質を向上させることとセットで考慮することが重要です。

これらプロセス/プロダクト両領域に、お客様およびアークシステムのターゲット領域をマッピングすると下図のようになります。

支援ターゲット領域

実施プロセス(例)

アークシステムの第三者検証サービスは次のようなプロセスにて実施いたします。

  1. 予備調査
  2. 実施計画
  3. システムが対象とする業務特性、開発・保守プロセス、仕様書、ソースコード、体制面などの全体の把握
  4. 品質や保守性確保に関する課題の抽出
  5. 実効性のある対策案の提示
  6. 対策案の実施支援
  7. 対策実施後の継続的な評価(モニタリング)

支援体制イメージ

お客様と一体となって、プロセス品質およびプロダクト品質の検証を実施いたします。
検証結果として、品質状況の報告、および改善などの助言を実施いたします。
改善事項について、お客様のもとで、構築ベンダー様へのフォローアップ(モニタリング)を実施いたします。

支援体制イメージ

事例

事例のページは準備中です。

お急ぎの方はお手数ですが「第三者検証サービスの事例希望」のように明記いただきまして、「お問い合わせ」フォーム電子メールなどでご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ