メインフレーム基盤ソリューション

システム評価改善

メインフレーム有効利用/廃止/コスト削減サービス「MFコンシェルジュ」

メインフレーム(z/OS、OS/390、MVS)上で稼動するアプリケーションに関する貴社(ユーザー企業様)の意思決定や対策実施を、貴社の立場で支援いたします。

アークシステムは長年の支援実績からメインフレーム環境や運用業務に精通しておりますので、中立的な観点から、メインフレームの有効利用やコスト削減はもちろん、廃止も視野に入れ、貴社にとってベストな選択を支援いたします。

メインフレーム有効利用/廃止/コスト削減サービス「MFコンシェルジュ」

次のような課題をお持ちのお客様とともに、メインフレームの将来を見据えた課題解決策を考え提示いたします。

  • メインフレームのランニングコスト削減を求められている
  • 技術者や後継者の不足でメインフレームがブラックボックス化しており、改善や活用に支障をきたしている
  • メインフレームで新規開発するには時間とコストがかかりすぎる
  • 費用対効果が低く、再構築もできない凍結アプリケーションをなんとかしたい
  • 保守切れによりリビルドを検討したいが、どこから手をつけるべきか苦慮している
  • メインフレームを廃止したいが、マイグレーションが難しいアプリケーションが残っている
  • 新たな機能は追加しないで凍結または新しいシステムができるまで延命という消極策に終始している
  • アプリケーション資産を外部のメインフレームにホスティングしたい

メインフレームのコスト削減プラン例

メインフレームの将来像を描く際、お客様が重視する課題によって延命、マイグレーション、リビルドなどの解決策が考えられます。例えばコスト削減には次のようなプランが考えられます。

  • 現行アプリケーション・機能をコスト削減が見込めるインフラへ移植し、同等の機能を確保
  • 現行アプリケーション・機能から一部をコスト削減が見込めるインフラへ移植し、メインフレームの規模を最小化
  • 使用中のソフトウェアをより安価な類似ソフトウェアへ移行し、同等の要件を確保
  • 現行システムにこだわらず、必要機能に絞って安価に新規システムを構築

メインフレーム有効利用/廃止/コスト削減サービスの支援項目

メインフレームの有効利用やコスト削減のため、廃止も視野に入れ、以下のような項目をお客様と一緒に実施していきます。

①現状調査 現状のシステム構成、運用要件、サービスレベル、コストなどについて現地調査およびヒアリングにて調査を行います
  • インフラ構成
  • アプリケーション規模
  • 運用
  • 他システムとの連携
  • データ量
  • コスト
  • セキュリティ
②メインフレームシステムへの期待値(サービスレベル)整理 システム要件を整理し、MUST/WANTを整理します
  • コスト
  • 信頼性
  • 可用性
  • 運用保全性
  • 安全性
  • 保守性
  • 拡張性
  • 性能
③モデルプラン作成 課題解決のために選択可能なモデルプランを作成します(3プラン程度)
  • 調査結果分析
  • 適用可能パターン選定
  • 効果予測
  • モデルプラン作成
④実現性の精査 選定したモデルプランについて、リスク、制約などの考慮事項を精査します
  • 特殊機能
  • 制約事項の有無
⑤意思決定  
⑥RFP作成 課題解決の対応策についてRFPを作成します
  • 対象範囲
  • アプリケーション要件
  • インフラ要件
  • スケジュール
  • 体制
⑦対策実施 対策実施プロジェクトの主体、PMOとしての参画などのご要望にお応えします

お問い合わせ

アークシステムは創業以来、多くのユーザー企業様においてメインフレームシステムの構築、運用をお手伝いして参りましたので、システム管理や運用の現場においてさまざまな利用技術と問題解決の実績を積んでおります。

特殊なスキルを必要とするメインフレームの有効利用や廃止、コスト削減の検討に課題をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

このページの先頭へ