採用情報

新入社員の座談会(つづき)

技術のみならず、お客様にプラスアルファのサービスを

【司会】
度々社員との面談についてのお話が出てきましたが、その社員との面談でお話しした業務やプロジェクトの中で魅力を感じたものはどんなものでしたか。

座談会中の風景の写真【佐藤】
R社の会議室の予約システムのお話しに魅力を感じました。
会議室の予約が面白くなった、とお客様から評価されたということで自分が今後携わりたい仕事の軸としていた、単純に必要なシステムを作るだけでなくプラスアルファを乗せるイメージでお客様へサービスを提供していたので、自分もこんな仕事をしたいと思いました。

【伊藤】
具体的な業務内容ではないのですが、面談で自分もやってみたいと思った業務のイメージとしては、お客様が求めている要望を聞いて、それを吸い上げて一個の形にして、その他言われていなくとも求めていた要件を網羅して提案するという内容や、チームで1つ成し遂げるということをしたいと考えていました。

【齊藤】
私はシステムマネージメントサービス部のようなお客さん先へ行って行うお仕事をしたいと思っていました。直接お客様からこんなことできるようになりたいという要望を受け取り、その期待以上にこたえられるよう、お客様と一緒に作り上げるお仕事をしたいと思っていました。また面談にてSEから営業になることも可能とお聞きし、キャリアチェンジをして行う営業の業務にも魅力を感じました。

座談会中の風景の写真【西村】
私もお客様先に出向して行う仕事に魅力を感じていました。また、面談ではないのですが入社してすぐの研修にてソリューション開発部のマネージャーからアルゴリズムとデータ構造を学んだ際にプログラミングについても私がやらなくちゃこのプログラムは動かないんだなと、愛着というか母性のような感情がわいて、開発作業自体も面白そうだと思いました。


それぞれの目標

【司会】
当社の部署ごとの業務形態からご自身の軸に沿って魅力に感じた業務や案件についてお話し頂きましたが、そういった当社での業務を通じてどんな目標を達成したいとお考えでしょうか。

【佐藤】
私は入社後2年間を自立のフェーズとしてしっかりと技術を身に着けて、次に信頼のフェーズとして自分の得意分野というものを築き、次に尊敬のフェーズに入り、マネージャークラスになり、というように年数を掛けて着実に成長していきたいと考えています。

【伊藤】
西村が話している写真直近の目標としては早く自分から提案をしていけるようになりたいです。今は上からの指示に従うという受け身の姿勢ですが、部内やお客様とのミーティングなどでも意見を述べられるよう、しっかり勉強をして技術力と信頼を築いていきたいです。

【齊藤】
結婚や出産もあるので早め早めに力をつけて、ブランクがあっても活躍していけるようにビジネスマンとしての基礎力やITの技術力を身に着けたいというのはもちろんありますが、ゆくゆくは営業として現場SEからもお客様からも信頼され、そしてその両者をつなぐ架け橋になれればと考えています。

【西村】
入社後1年間勉強も業務もしっかり努め、来年入ってきた方から先輩と思われるように技術力をつけるというのが直近の目標です。長期の目標としては社内外からあなたがいてよかったと思われる存在になりたいと思っています。

就職活動では、
社員・企業を理解し、最後は自己を振り返り“自分が決断”すること


若手社員の笑顔の写真【司会】
現在就職活動中の今後アークシステムに入社されるかもしれない後輩へのメッセージをお願い致します。

【伊藤】
入社してすぐの現在は研修でしか先輩社員に関わっていないので研修時の雰囲気しか知らないのですが、ビジネスモードの時と休憩時間やプライベートの時の空気の切り替えが早く、楽しむ時は楽しく、責任やプライドを持って務める時はしっかり、というように、ビジネスマンとしても好感が持てる人柄のいい社員が多いので、社内の雰囲気や社員同士の人間関係について心配している方は全く不安を感じる必要はありません。また、会社説明会の段階ではまだピンときていなかったのですが、選考を進み何人もの社員の方にお会いするにつれアークシステムの素晴らしさが分かってきたので、今後アークシステムの説明会や面談に参加される方は遠慮せず質問をぶつけ、面談を重ねてアークシステムを知って頂ければ幸いです。

【西村】
面談を重ねてと伊藤さんが言う通り、企業を見る際は人事のみでなく、社員と会うことができる会社を見ていく方がいいと思います。業務内容はもちろんですが、40年以上も一緒に勤めていく先輩社員と話しをして自分に合う雰囲気の会社かどうかを確認することは非常に重要だと思います。

【佐藤】
私は他社では仕事に就くというイメージがまだつかないうちから内定が出てしまっていたので、アークシステムの選考中、これから勤めていく「覚悟」を聞かれて、「あっまだないな」と感じて、やっと自分の気持ちがまだ固まっていなかったことを自覚することができました。自分ではやりたい仕事についてしっかり考えた上で悩んでいるつもりだったのですが、選考中に自分の中で醸成できていなかった部分に気づかされたことで社員との面談や選考の際にもやりたいことについて悩んでいたこれまでとは違う意識で臨むことができ、就職活動中に成長を実感しました。現在就職活動をされている方も、就職活動を通して、じっくりと自分と向き合ってもらえたらいいなと思います。

【齊藤】
私は入社してまだ日が浅いので研修の段階ですが、入社してよかったなと思う事ばかりなので、それだけは今後後輩になるかもしれない方には伝えたいと思います。
会社の制度も大切ですが、西村さんも仰っていた通り、会社にいる先輩社員と働いていくので、自分に本当に合う会社なのか色々な面で比較検討を行った上で判断してほしいですし、どの会社が本当に自分に合うのか結論がすぐ出せないということがあっても、こちらがきちんと誠心誠意対応すれば企業も応えてくれるので、最後は自分が決めるんだという意識を強く持って就職活動を行うといいと思います。



座談会indexのページに戻る

このページの先頭へ