採用情報

SIS部の先輩紹介

システム基盤サービス部の先輩の写真

政策科学部出身。学生時代は、モロッコやカナダなどで国際交流を多く経験し、主体性・責任感・度胸を培った。
2000年アークシステム入社。以来SIS部で、メインフレーム基盤技術に磨きをかけ続ける、社の今後を担う中核社員。

『次もぜひお願いします!』 自分の価値を感じる瞬間

入社以来、お客様のメインフレーム基盤技術を支援するSISに所属し、半年~1年程の短いスパンで多数のお客様(プロジェクト)を担当してきました。毎回、異なるメンバーで様々な企業の方と共に仕事を進めていくので、技術以外にも様々な知識が吸収できることが、この仕事の魅力のひとつでもあります。

後輩と一緒に仕事をしている写真先日まで私が担当していたプロジェクトは、古くからアークシステムがお付き合いさせていただいている大手メーカー様のセキュリティ案件。お客様のメインフレームシステムの中には、顧客情報など、外部に漏れてはならない機密データが大量に保管されています。法律の改正により、システムのセキュリティ方針を見直す必要があった為、その根本的な改善案を提案し、受注した案件です。私はプロジェクトリーダーとしてお客様とのフロントに立ち、インフラ要件のヒアリング~設計~実装に関わっていました。

後輩の相談に答えている写真一口にお客様と言っても、システムを使用するエンドユーザーは多部署に渡り、システムへの要望も様々です。多くのユーザーと接すれば接するほど、皆様の業務に対するコダワリや問題点が見えてきます。システムをより良くしたいという思いは同じ方向を向いているものの、多くのコミュニケーションを通じて全員の納得感を引き出し、全員が満足するシステムの姿を見つけ出すところに仕事の難しさがあります。

ですがその分やりがいも大きく、お客様から直接お褒めの言葉を頂く時は、それまでの苦労が報われる気持ちです。プロジェクトが無事に終わった時の、感謝の言葉と『次もぜひお願いします』の一言。例え社交辞令だとしても、最後までやりきって良かったと思う瞬間です。

ある1日のスケジュール

09:00

自社に出社

今日の予定をざっと確認した後、メールチェック。

09:30

資料作成

午後に行うミーティングの資料を作成。
不明な点は、電話やメールでお客様と詳細を詰める。

12:00

ランチ

お昼休み。先輩・後輩と近くの蕎麦屋へ。

14:00

チーム状況の把握

インフラ構築作業が滞っているメンバーに技術アドバイス。
もちろん、自分で構築作業をすることもあります。

15:00

お客様と定例会議

プロジェクトの進捗状況や問題点、設計書のご説明。
ファシリテーター兼アークシステム側の代表者なので話しっぱなし

18:30

帰宅

今日はスペイン語学校なので、きりの良い所でオシマイ。

相手目線のコミュニケーション

私が仕事上、常に意識しているのは、『プロジェクトはチームで進めている』ということ。だから一番大切にしているのは、メンバー同士のコミュニケーションです。

プロジェクトが失敗する理由の大半は、コミュニケーションミスが起因するもの。一人ひとりの技術力が高くても、メンバー同士のコミュニケーションが成り立たないと、気付かないミスや漏れが必ず発生します。

またチームにはお客様や協力会社様など、多くの方々が参加しますが、皆がITに詳しいとは限りません。相手が何を言おうとしているのか、どうすれば相手に理解してもらえるのか。独りよがりにならない、相手の目線に立ったコミュニケーションを心掛けています。

SEとしての経験を積むほど、コミュニケーションの大切さ・難しさを強く実感します。

プロ意識の成長

成長を語っている写真仕事を通じて一番成長したのは、『責任感』です。言い換えれば、何としてもプロジェクトを成功させたい、という『プロ意識』です。

自分の担当業務だけではなく、プロジェクト全体を見渡して、問題点があったら改善を実行していく。誰だって、仕事や責任が増えるのはイヤです。ですが、プロジェクトの成功のために、ひいてはお客様に満足いただくために、主体的に動こうとする意志。私が培ってきたのはこの姿勢です。

アークシステム社員の人柄が好き

そもそも私がアークシステムに入社したのは、社員に幅の広さを感じたから。会社の色が一つではなく、多様なところに興味を持ちました。

就職活動では、手に職をつけて長く働きたいと考えていたので、メインフレーム基盤技術の希少性に惹かれた、というのも理由の一つです。ですがそれ以上に惹かれたのは、社員の人間性。選考途中で多くの社員と会話する事で、その人柄に強く惹かれました。

入社後も期待通り。社内には色々なタイプの人間がいて、とても居心地の良い風土を形成しています。

長期のオフは海外へ

スペイン旅行の写真学生の頃から旅行に行くのが好きなので、長くお休みが取れるときは旅行に出かけます。つい最近も、プロジェクトが終わった後、永年勤続(10年)で頂いた休暇と有休を合わせ、約20日間、スペイン - グラナダに行ってきました。

観光はもちろんの事、語学学校への通学やホームステイなど、いつもと違う生活を存分に満喫。気持ちがリフレッシュでき、次のプロジェクトに向かう良い刺激になりました。

勇気を持ってがんばって下さい!

笑顔の写真私自身の就職活動の経験ですが、企業にウケが良いようにしようと考えていた時期は、通り一遍等な受け答えしかできず、選考が全く進みませんでした。ある時から(面接で腹を立ててから・・・)、自分の思いや考えを素直に伝え始めたのですが、それから不思議と選考に受かるようになりました。

色々なマニュアル本がありますが、やはり大事なのは、自分の考えを、自分の言葉できちんと伝えることだと思います。不安を感じるかもしれませんが、自信と勇気を持って、頑張ってください!

 


⇒ ソリューション開発部 を見てみよう

⇒ システムマネージメントサービス部 を見てみよう

⇒ プラットフォーム技術部 を見てみよう

このページの先頭へ