採用情報

Kazuhiro.I / ソリューション開発部

K.Iさんの写真

社員100名規模のシステム開発会社にて課長職を経験後、フリーエンジニアに転身。
2013年にアークシステムへ入社。現在ソリューション開発部にて開発・保守チームを率いるリーダー。

転職を考えたきっかけ

前職はフリーエンジニアをしていたのですが、年齢的なものもあり、いつまでもだらだらはできないというのが主な理由です。フリーエンジニアとなる際に、35歳くらいで起業するかもう一度再就職をするか、 しっかり考えようと決めていて、結果として再就職の道を選びました。 再就職を選んだ理由としては、一言でいえばご時世です。 リーマンショック後の影響でまわりのフリーエンジニアも就職していったということも大きいです。

アークシステムを選んだ理由

一次面接から会社の中や人をよく知ってもらおうという雰囲気を感じていました。他社と比べてもお会いする社員の人数は多く、会社の中のことをよく話してくれました。 そのため、選考を通してだんだんと魅力を感じていきました。 一番の特徴として印象に残っているのが、「面接が厳しい=人を良く見ている」という点です。社員を良く見ていて、人を大切にする会社だと実感しました。 その他アークシステムを選んだ理由としては、選考を通じ会社についての説明を良くしてくれたため、 入社後のイメージが湧きやすかった ということや、アークシステムという社名を書籍で見かけていたこともあり、どういうことをやっているのか知っていたということも決め手でした。

どんなSEを目指しているか

「人と話ができるSE」を常に意識しています。
ソフトウェアは事務・技術系に限らず、必ず「使ってくださるお客様」がいます。より良いシステムを構築するためには、お客様といかにきちんと話ができるかにかかっていますので、システムを通じてお客様との信頼関係を築く方が遥かに大切だと思っています。 アークシステムはプライム案件の比率が高く、直接エンドユーザー様と接する機会は多いため、今後も常に目標を意識しお客様とのやり取りを大切に、よりよいものを作っていきたいと思います。

お話し中の写真

アークシステムに入社後、苦労した経験

お客様との仕様確認に関して大分苦労しました。
ですが、現場の人たちとはお互いにスポーツが好きなのでスポーツの話をしてコミュニケーションを図り、お客様先のマネージャーには包み隠さず、正面からストレートに意見を言うようにしていくことで、案件を無事終わらせられるよう努力しました。 そして現在、会社として成果がでるかどうかはまだ分かりませんが、お客様との関係も以前より良好に なり、案件も無事に保守フェーズに入ったので、個人的には成果が出たと思っています。
チーム内では忙しい時であっても和気あいあいと話せ、結果的に協力して頂いたメンバーも飲み会に 喜んで来てくれるというように、いい雰囲気づくりにも成功していて、メンバーにも恵まれました。 プロジェクトを運営するにあたり必ず忙しい時はありますが、そういう時に人間関係が良いと頑張れますし、支えあえて良かったと感じています。

勉強会等研修について

私の所属しているソリューション開発部では分科会が開催され、色々なジャンルに分かれて技術調査を しているチームがあります。各分科会の運営はマネージャー配下のリーダーたちが行い、数名のメンバーと共にテーマに従って調査を自ら進んで行っています。 もちろん分科会以外でも自分から声をかけて勉強会等を行っていくことも可能です。

週末の過ごし方

家にいることが多いのですが、出かけるときは思い切って車に乗って旅行に行きます。出かける時は仕事を一週間休んででも行きます。 入社前にも車で九州まで行ったということもあり、結構アクティブです。

旅行写真

アークシステムへの入社を希望する方へ

笑顔の写真まず自分から動ける人であれば、アークシステムでの職場環境は充実すると思います。その他入社後の注意点としては、気を遣わなくていいということです。
気を遣っていたこともあり、入社直後は戸惑うことも多かったのですが、仕事に慣れるに従い忙しいなりに自分の意見を生かし効率よく 進めることができました。これはプロジェクトマネージャーが納品までの進め方を全部私に任せてくれた、というのが一番大きいと思います。なかなか入社直後からチームを任せて貰えることは少ないと思いますが、作業の進め方等は全部任せて貰えたので、その面では すごく良かったと感じています。 このように次々と仕事を任せて貰える環境ですので、自分から動くこと、気を使わないこと、という二つの柱を持てる方がアークシステムには向いていると思います。


社員一覧

このページの先頭へ