採用情報

女性社員の座談会

女性社員の集合写真

SEになりたかった。でも不安もあった

【司会】
今回は、様々な年代の女性社員に集まっていただいて、女性の視点からアークシステムを語っていただきます。まず、皆さんはなぜSEになろうと思ったのですか? 不安はありませんでしたか?

 

【新野】
私がSEを目指したキッカケは、あるIT企業のセミナーで、IT知識がなくてもSEになれると気付いてからですね。中学生の頃からパソコンに触れていて興味はあったのですが、ITを勉強してこなかったので諦めていました。でも、IT知識は入社してからで良いと説明を受けて。少し不安な気持ちはありましたが、新しいことにチャレンジしたいという気持ちが強くなり、SEで頑張っていこうと思い切って決断しました。

女性社員が話している写真【西山】
私は『手に職』というのがキーワードでした。不況の真っ只中の就活でしたから。そして、文系で手に職を付けるならSEかなと思って。新野さんと同じく、ITは入社してから学べば大丈夫という言葉にも背中を押されました。とは言うものの、やはり不安でしたね。自分の努力が続けられるのか。努力したとしても身につくのか。

【新野】
私もその点が心配でした。特にアークシステムは少数精鋭って印象で、私がついていけるのかなーって。その点は、取り越し苦労でしたけど。

【吉村】
私がSEに惹かれたのは、チームワークが大事な仕事だからという点ですね。ITへの興味とかスキルも大きな理由なのですが、チームで仕事を進めていく点が自分には合っていると思いました。ですがやはり不安はありましたよ。IT業界はサービス残業が多いと聞いていたし、離職率が高いという噂も広まっていました。俗に言う3Kですね。親にSEは辞めろって言われていました(笑)

 

アークシステムは働きやすい会社。お互いを支え合える

【司会】
そんな不安がある中、なぜ数あるIT企業の中から、アークシステムを選んだのですか?

 

【吉村】
一番の理由は社員が魅力的だったからですね。選考中に多くの社員と会えたのですが、『もっと多くの社員に会いたい』と思える人間性に魅力を感じました。不安に思っていたことをきちんと説明してもらえて、解消できたというのも大きいですね。『この人が言うなら信じられるかな』と(笑)

【新野】
私も社員の人柄ですね。実際に入社してみて、その温かさに驚きました。入社当初は分らないことばかりだったのですが、先輩からは、とても丁寧に、根気良く教えていただいていました。一人ひとりを見てくれている安心感があるんですよね。『あ、あいつ今困ってるな』って、誰かが誰かを気に掛けているような会社ですよね。

【西山】
そうそう、アークシステムではどの社員もその他大勢ではないんだよね。中小企業の良さかもしれないけど、お互いが支え合っている。私も時短勤務なので、早く帰る分周囲のメンバーには迷惑を掛けているかもしれません。ですが時短勤務であることに文句を言われた事は、今まで一度もないのです。周りは快い人ばかり。とても幸せな職場環境にいると思います。

【吉村】
もう一つの入社の理由は、制度がしっかりしている、そしてそれがきちんと機能しているという点ですね。私は就活の軸の1つに、『女性が長く働ける会社』というものを考えていました。その為には、制度が整っていること、周囲の理解を含め制度が使える環境にあることが必須です。アークシステムはそれを満たしていた。だから入社を決めました。

【西山】
フレックス制度も、時短勤務になったらもっとありがたさが分かりますよ。友人の話しでは、例えば午前は働いたのに、午後帰宅すると有休扱いになってしまい、午前に働いた分がゼロになってしまうこともあるみたいです。だから家庭の都合があっても、早く帰ることが難しいらしいです。その点アークシステムは、自分で調整すれば、時間に融通が利く。こういう面も含めて、アークシステムは制度的にはかなりしっかりした会社だと思う。

女性社員が話している写真【吉村】
でも、女性だからと甘やかされることはないですよね。

【新野】
全くないですね(笑) 仕事では男女関係ないです。

【吉村】
でもそのためか、アークシステムでは女性SEが活き活きと仕事をしている。自立しているというか、たくましい女性が多いです。

 

今後もSEとしてキャリアアップしたい

【司会】
今後はどのようなキャリアを歩んでいこうとお考えですか?

 

【吉村】
正直、社会人として始まったばかりなので、結婚だとか、あまり先のことは考えていないです。今はまず、目の前の仕事をきちんとこなして、一歩一歩確実に技術を身に付けていくのが大切だと思っています。どの先輩を見ても技術知識がとても深いんですよ。お手本になる方がたくさんいます。先輩方を目標に、頑張ってスキルアップしていきたいです。

女性社員が話を聞いている写真【新野】
私は技術だけでなく、今後はマネージメントスキルも身に付けていきたいと思っています。今のチームは、女性の先輩がマネージャーなのですが、チーム全体を見渡す力が高くて、プロジェクトがとてもスムーズに進んでいます。その先輩を目標に、技術もマネージメントも少しづつ学んでいきたいと思います。将来的に結婚・出産するかもしれませんが、それを機に退職するというのは今のところ考えていません。どのような形であれ、アークシステムでSEの仕事を続けたいと思っています。

 

【西山】
私は、仕事と子育てを、この先もうまく両立し続ける事が目標ですね。だからこそ資料の保管場所など、チーム内で共有しておくべき情報は、頻繁にチームメンバーに発信することを心掛けています。

【新野】
西山さんもだけど、社内にはお母さんとSEを両立している先輩がたくさんいます。女性社員同士の仲が良いのもアークシステムの良いところなので、SEの先輩としてだけではなく、人生の先輩としてもアドバイスをもらいつつ、充実した人生を送りたいです。

 

長期的なビジョンを持って

【司会】
では最後に、女子学生の皆さんにメッセージをお願いします。

 

【吉村】
女性は、結婚や出産など、人生のイベントが多いです。だからその分、職や会社を選ぶときは、きちんと理想の将来像を考えて欲しいです。何をしたいか、どの職に就きたいか、どのような生き方をしたいか、それが実現できる会社か、など。社会に出て数年経った後、後悔しないような職業・会社を選んで欲しいと思います。

女性社員の笑顔の写真【西山】
自分は何をやりたいのかというビジョンをしっかり持っていないと、就職してから後悔することになると思います。今、自分を見つめなおす時間がある時に、しっかり考えておく事が大切です。出産後に新しく職を見つけても、保育園に入れなかったり、子持ち主婦に対する職が少なかったり、結構大変です。長期的な視点からも仕事選びをして下さいね。

【新野】
制度や処遇は、企業によって千差万別です。制度があっても、機能していない(使えない)会社も多くあります。実際に働いている社員にしっかり質問して、自分が望む働き方ができる会社かどうか、しっかり見極めて下さいね。

 



→ 座談会indexのページに戻る

このページの先頭へ