採用情報

中堅社員の座談会

中堅社員の集合写真

責任はあるが、やりがいは高い

【司会】
今回は、中堅SEに集まって頂き、アークシステムでの成長感などをお伺いしたいと思います。
まずは現在の仕事内容をお聞かせ下さい。

 

【蝶野】
私は入社以来、一貫して大手メーカー様のメインフレーム運用管理を担当しています。基幹システムを安定稼動させるべく、チームリーダーとして業務報告や改善提案など、お客様との接点を多く持っています。

【中野】
私のお客様も大手メーカー様です。システム監査の対応支援をしています。今回のプロジェクトから初めてリーダーを任されています。お客様のシステムのセキュリティを強化する為に、実現方法の調査・検討・提案まで、マネージャーのサポートの下、案件を仕切って進めています。

【廣田】
私は、web広告配信のお客様とお付き合いさせていただいています。お客様がビジネスプロセスの改善に取り組もうとされているので、お客様と二人三脚になって、改善の方向性を検討しています。皆プロジェクトで、責任あるポジションを任されていますね。

【中野】
確かに、アークシステムを代表してチームを仕切る立場になって、プロジェクト成功に対する責任感は、より大きくなりましたね。

【廣田】
若手の頃は先輩から指示をもらえていたけど、今はスタートもゴールも、マイルストーン(中間地点)も全て自分で決めなきゃいけない。自分から動く・発信する、といった主体的なアクションが、さらに大事になってきたと感じています。

中堅社員が話している写真【蝶野】
お客様と直接やりとりする機会も増えましたね。私は、コミュニケーションの仕方には前にも増して注意するようになりました。お客様が技術者の方とは限らないので、理解できない点や、曖昧な点が残らないように、お客様の視点に立ったコミュニケーションを強く心掛けています。と同時に、その難しさを改めて実感しています。

【中野】
ですが、責任感が大きくなった一方で、仕事のやりがいも格段にあがっていますよね。お客様と密にコミュニケーションをとりながら、自分のスキルを武器に、お客様に満足という価値を提供して、喜んでいただく。プロジェクトで自分が果たす役割が大きくなった分、今までより達成感がとても高くなった。そして結果として、更にレベルの高い仕事をいただける。若手の頃よりも、成長感を強く実感しています。

 

成長の軌跡

【司会】
今までの仕事を通じて、どのような点が成長できたと思いますか?

 

【廣田】
やはりまずは、技術的な成長ですね。今まで、入社当時に思い描いていた以上の仕事を、任せてもらえてきました。正直、担当している当時は厳しいと感じることも少なからずありました。ですが今振り返ると、失敗を含めて、若手のときに経験しておいて良かったと思います。その時の経験や勘所が、今の業務での判断基準になっている部分もありますからね。

【蝶野】
それは同感です。私も上司には、やりたい仕事をやらせてもらえていました。ヒューマンスキル面の成長で言うと、コミュニケーションの選択肢が増えたことですね。若手時代から徐々にIT技術・視野が広がった分、yes/noの2択ではなくて、それ以外の選択肢をお客様に提示できるようになりました。選択肢が増えてきた分、お客様が求めているものも、より深く理解できるようになってきたと思います。

中堅社員が話を聞いている写真【中野】
成長とは少し違うかもしれませんが、私は『プロ意識』を大事にして、仕事にあたってきました。今まで上司から細かいことを注意されたことはないのですが、一点だけ、『プロであれ』ということを言われたことがあります。これは仕事に対して、そしてお客様に対して、常に誠実でいるということ。つまりビジネスマンとして、SEとして、手を抜かずに、当たり前のことを当たり前に行うということですね。

【廣田】
いい言葉だね。業務範囲が広がって、プロジェクトへの影響が強い今でこそ、そういったスタンスを見直さなきゃいけないね。

 

案件が獲れるSEに

【司会】
では今後の目標をお聞かせ下さい。

 

中堅社員が話している写真【廣田】
やはり目指すはマネージャーかな。自分で案件を探して、対応して、お客様に提供する。最初から最後まで、一貫してプロジェクトを扱えるSEになりたいですね。

【蝶野】
私も同じで、案件が獲れるSEになりたいと思っています。今は主に、少し上の世代のマネージャーが案件を獲って、アークシステムを支えてくれています。ですが、これからは私たちがアークシステムを作っていかなきゃいけない。そのためには、技術力を高める努力以外にも、よりヒューマンスキル的な能力が求められると思っています。

【廣田】
そうだね。目の前の仕事を着実に成功させて、お客様の信頼を勝ち取っていく。そしてお客様と今以上にコミュニケーションを取りながら、お客様の立場で提案をしていく。技術以外で学ばなければならない事は多いけど、やりがいも大きいよね。

【中野】
そう考えると、今の上司や先輩は、本当に高いスキルを持っていると思います。技術だけではなく、提案的な部分、案件の進め方の部分もきちんと抑えている。SEとして経験を積めば積むほど、そのスキルの高さを感じます。

【蝶野】
凄く良いお手本だと思いますよ。学べることが非常に多い。もっと上司や先輩の動き方や考え方を知って、今後も成長していきたいと思います。

 

こんな人がアークシステムで活躍できる

中堅社員の笑顔の写真【司会】
では最後に、どういう人を後輩に迎えたいか教えて下さい。

 

【中野】
素直な人ですね。分からない事があったら素直に質問できる、反省すべきところがあったら、真摯に受け止め直せる。素直さをもって、色々なことを吸収して欲しいです。

【廣田】
私の場合は、成長意欲が高い人ですね。SEは自分で勉強していく姿勢が求められます。特にアークシステムでは、上から『アレをやれ、コレをやれ』というような指示はありません。自分に必要な能力を見極めて、一生懸命に努力できる人でないと、成長は難しいと思います。

【蝶野】
私は主体的に動ける人ですね。自分の立場・状況を考えて、アクションが起こせる人です。アークシステムは受け身でいるだけでは、何も起こりません。新人の頃はそれでもいいかもしれませんが、その後のことを考えると、主体性が欲しいです。私も、一緒に働きたいと思ってもらえる先輩になれるように、がんばります。

 



→ 座談会indexのページに戻る

このページの先頭へ