アークシステムについて

コンセプト

当社が創業以来、変わりなく追い求めてきたこと、それは「プロフェッショナルであること」 
アークシステムの視点や担うべき役割・ポジションについてご説明いたします。

アークシステムが目指すもの ~お客様ビジネスの基盤を支えるプロフェッショナル

当社は1986年の7月、神戸製鋼所とリクルートという全く分野の異なるユーザー企業から誕生しました。鉄の生産・制御において高度な実装技術を知り尽した神戸製鋼のエンジニアリング力とリクルートの事業展開力。この両者のDNAをハイブリッドに融合し、さらに2000年以降はシーエーシーグループの一員として、ITエンジニアリングを提供して参りました。

当社が目指すのは、コンピュータシステムの全体最適。ITの持つ価値を高め、効果的かつ効率的にビジネスへの貢献ができるように、システムのライフサイクル全体を通じての最適化、コスト低減、高品質で信頼性の高いシステム環境作りに取り組んで参りました。

ビジネスにとっての基幹システムの重要性を十分に理解し、「絶対にダウンしないシステム」という目標を現実のものにするために、仕組み作りや運用の考え方、ルールや組織まで踏み込んで、計画~構築~運用~改善のPDCAサイクルをきっちりとサポート致します。

アークシステムのポジション ~お客様の立場でビジネスとITを繋ぐ架け橋

当社の価値はお客様のビジネスを支える高度なIT技術・運用基盤の提供にあります。またIT戦略立案やシステム管理のご担当者の課題や問題意識を受け止め、ITの企画・立案、実効性のある計画作成から実際の運用まで、ITセンターの運用そのものを支えます。

当社の武器は、多くのお客様とともに歩み、培ってきたIT利用技術 (使いこなす技術) の集積です。システムにおいて最も重要な「信頼性」の獲得のために様々な技術やソリューションを取捨選択し、「ちゃんと運用できるシステムを実現する」という当たり前のことを一つ一つ着実に積み上げてきました。

ユーザ企業でのコンピュータ利用の経験をベースに、お客様ビジネスとITを繋ぐ架け橋として、更にはITのフロント機能として、多くのベンダーや製品技術を束ねながらお客様ビジネス活動に貢献して参ります。

説明図:コンセプト アークシステムのポジション

このページの先頭へ