当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
システム・インフラ基盤の設計・構築
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第4章 :z/Linux構築における6つの勘どころ

3z/Linux構築における勘どころ(後編)

z/Linux構築における6つの勘どころの後編では、クローニングによるOS導入作業以外での勘どころを紹介します。

【勘どころ4】ハードウェア構成

System zでは可能な限りの冗長性が考慮されており、その上で動くOSがOSとして24時間365日連続稼動が可能な環境が提供されています。OSがz/OSであれz/Linuxであれ受けられる恩恵や設計思想に違いはありません。「z/OS環境との違い」といった意味ではFCP形式のディスク、LTOデバイスといった定義が増える程度です。

z/Linuxとしては、「ボンディングを組むからNICはふたつ。予備も考えて4つにしよう」といった具合にどのデバイスがどのLinuxから使えれば良いかをLinuxという観点から設計すれば良いと思います。

【勘どころ5】不要デバイスの制御

System zは「システムが連続稼動可能な環境であること」を大切にしています。ハードウェアとしても動的なデバイス追加・削除をサポートしており、z/Linuxからもその恩恵を享受することができます(一部ディスクのon/offの話は既にさせていただきました)。しかし、それゆえにデフォルトの状態では「使用できる準備が完了しているデバイスが多すぎる」という状況に陥る場合があります。もちろんハードウェア側から「使用できないようにする」という定義も可能ですが、拡張性の面からもある程度は使用できるようにしておくのが一般的です。

しかしながらz/Linuxは起動の段階で使用することのできるすべてのデバイスを感知してしまうため、起動に時間がかかったり、CPUを過剰に使用してしまうといった好ましくない状況が起こり得ます。この事象に対する具体的な対応として、使用できるデバイスの状態を一段階下げる(動的に追加できなくするわけではありません。起動時に実施するフェーズを後回しにするだけです)といった設定を施す必要があります(/etc/zipl.confによるディスク制御など)。

【勘どころ6】デバイス認識順序

z/Linuxのデバイスは/sys配下にデバイスアドレスとして認識され、認識した順に/dev/dasdnといったデバイス名がつけられます(主にディスク・テープドライブ)。そのため、システムを起動する前に割り振られるデバイス名を予測するのが困難になります。構築時以外にも要件変更によってディスク追加・削除をする必要が発生した場合、デバイスの認識順序が変わってしまい、それまであるデバイス名で認識されていたデバイスが別のデバイス名として認識されてしまうことがあります。

このような状況を避けるため、設定ファイル上は /sys 配下に認識されたデバイスアドレス付きのブロックファイル(もしくはalias)を指定するようにすることで上記のような事象を回避することができます。

 


いかがでしたでしょうか?

本章ではバックアップの話が出てきましたが、次章ではさらに「運用」という観点を考慮に入れてお話いたします。
なお、次回の内容は日本GUIDE/SHARE委員会(別ウィンドウで開きます)(JGS)における研究プロジェクト [SP-02]部会「z/Linux環境の運用をどう設計するか?」に参画したときの議論を元に紹介いたします。

このページの先頭へ