当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
システム・インフラ基盤の設計・構築
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第3章 :z/Linuxに触れてみよう

3z/Linux構築手順-仮想デバイスの作成からHercules導入開始まで

このページでは構築手順のうち「仮想デバイスの作成」、「Hercules用ハードウェア定義ファイルの作成」、「Herculesの起動~導入開始」を説明します。

3.仮想デバイスの作成

ゲストOSがディスクとして使用するためのファイルを作成します。
コマンドプロンプトを起動し、作成先のディレクトリへ移動。以下のコマンドを実行します。
作成先のディレクトリには9GB程度の空き容量が必要になります。
この例では G:\hercules という場所に仮想ディスクを作成しています。
導入される環境に合わせて変更してください。

C:\Documents and Settings\user>G:
G:\>cd hercules
G:\hercules>dasdinit -lfs 1000.3390-9 3390-9 SLES01

4.Hercules用ハードウェア定義ファイルの作成

上記と同一のディレクトリに sles10.conf という名前のファイルを作成してください。
ファイルには以下の内容を記載してください。太字部をホストOSの環境に合わせて変更してください。

#
# Hercules Emulator Control file...
# Description:
# MaxShutdownSecs: 15
#
#
# System parameters
#
ARCHMODE  z/Arch
CNSLPORT  3270
CONKPALV  (3,1,10)
CODEPAGE  default
CPUMODEL  2097
CPUSERIAL 002623
CPUVERID  00
ECPSVM    NO
LPARNAME  SLES
MAINSIZE  1024                 <- ゲストOSに与えるメモリサイズ
#                                 ホストOSのメモリが使用されます。
MOUNTED_TAPE_REINIT  DISALLOW
NUMCPU                       <- ゲストOSに与えるCPU数
OSTAILOR  LINUX
PANRATE   50
PGMPRDOS  RESTRICTED
SHCMDOPT  NODIAG8
SYSEPOCH  1900
TIMERINT  50
TZOFFSET  +0900
YROFFSET  0
HERCPRIO  0
TODPRIO   -20
DEVPRIO   8
CPUPRIO   15
# DASD Devices
1000    3390    1000.3390-9
#1001    3390    1001.3390-9
#1002    3390    1002.3390-9
#
## CTC Adapters
#
0F00-0F01    CTCI    aaa.bbb.ccc.100(※1) aaa.bbb.ccc.2(※2)
#
#            ※1 ゲストOSに割り振るIPアドレス
#            ※2 ホストOSのIPアドレス(実際に使用しているIPアドレスにしてください)

5.Herculesの起動~導入開始

Herculesのインストールによって作成される「Hercules Command Prompt」を実行するとコマンドプロンプトが実行されます。
先ほど仮想デバイスを作成したディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行するとHerculesが起動します。

G:\hercules>hercules –f sles10.conf

Hercules起動時の画面

上がHercules起動時の画面です。
この状態で以下のコマンドを実行するとインストールが開始します。
i:\ はDVDを読み込んでいるドライブ名に変更してください。

ipl i:\suse.ins

 

このページの先頭へ