当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
システム・インフラ基盤の設計・構築
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第2章 :システム移転のテクノロジー

6【コラム】レプリケーションについて

近年、ハードウェアやソフトウェアの進化によって、遠隔地へのレプリケーションが可能となり、さらにネットワークの進化によって、大容量データの移行がより安価に実現できるようになった。停止することができない業務を含むシステム移転や、災害対策においては必須のテクノロジーである。

レプリケーションの方法は、同期か非同期か、非同期の場合は書き込み順序の保証があるかないかによって、3つに分類することができる。それぞれについて簡単に解説しよう。

同期型

移転元 (プライマリー) で使用中のデータと、移転先 (セカンダリー) のデータとが、完全に同期の取れている状態である。移転先へのデータ書き込み終了を待つため、移転元への影響もある。データ保障の面では、最高の安全性を保つ。

例)
 IBM : DS8000 (Metro Mirror 機能)
 EMC : Symmetrix DMX (SRDF/S)

図2-6-1.同期型のレプリケーション
図2-6-1.同期型のレプリケーション

非同期型 (書き込み順序保証あり)

移転先 (セカンダリー) へのデータ書き込みは、非同期で行われるため、移転元 (プライマリー) への影響は少ない。書き込み順序が保証されるため、移転元でトラブルが起こった場合でも数秒前までのデータが保証される。

例)
 IBM : DS8000 (Global Mirror 機能、ESS XRC 機能)
 日立 : Universal Storage Platform (Universal Replicator)

図2-6-2.非同期型のレプリケーション (書き込み順序保証あり)
図2-6-2.非同期型のレプリケーション (書き込み順序保証あり)

非同期型 (書き込み順序保証なし)

移転先 (セカンダリー) へのデータ書き込みは、非同期で行われるため、移転元 (プライマリー) への影響は少ない。しかし、移転元でトラブルが起こった場合、データの保証は、整合性データを取得する周期に依存する。

例)
 IBM : DS8000 (Global Copy 機能)

図2-6-3.非同期型のレプリケーション (書き込み順序保証なし)
図2-6-3.非同期型のレプリケーション (書き込み順序保証なし)

このページの先頭へ