当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
システム評価改善
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第2章 :DB2 for z/OSのアクセスパス管理機能に関するトピック

7DB2PLI8プログラム

このプログラムは、DB2の製品の一部として提供されているものではありませんが、IBM社のサイトからダウンロードして使用することができるプログラムです。
このプログラムは、DB2 V8、およびV9に対応していますが、V10には対応していません(*注)。

*注
V10(およびV9)では、DB2提供のプログラムDSNADMSB、およびストアード・プロシージャーADMIN_INFO_SQLを使用 して同等の機能を実現することができます。APAR PM39871 の適用が前提となります。

このプログラムを使用すると、DB2カタログ上のアクセスパス関連の情報を参照して、その情報を再現するSQLステートメント(DB2カタログ表の更新ステートメント)を生成することができます。
例えば、RUNSTATS(統計情報の更新)を実施する前に、DB2PLI8を使用して、現状のDB2カタログ情報を再現するSQLステートメントを生成、保管しておけば、統計情報の更新の結果、アクセスパスが変化し、パフォーマンス劣化が発生した場合などに、DB2カタログの統計情報を元に戻すことができます。

また、本番環境のDB2カタログの統計情報を再現するSQLステートメントをDB2PLI8で生成し、そのSQLを検証環境で実行することにより、本番環境の統計情報を検証環境に移植するといった使い方も考えられます。

実行例

DSN SYSTEM(DSN1)
RUN PROGRAM(DB2PLI8) PLAN(DB2PLI8) LIB('DSN910.RUNLIB.LOAD') -
       PARM('/DSN8910.EMP')
END

出力例(生成されるSQLステートメント)

* DSN8910.EMP  *** From DB2PLI8 9.1 (AUG 21, 2009)             ***     
* CATALOG IS V9  OUTPUT IS FOR THIS LEVEL                 ***          
* CATALOG IS V9  New function mode                                     
UPDATE SYSIBM.SYSTABLES SET                                           
         CARDF =  +4.200000000000000E+01,                              
        NPAGES =           2,                                          
    PCTROWCOMP =           0,                                          
     AVGROWLEN =          81,                                          
       NPAGESF =  +2.000000000000000E+00,                              
        SPACEF =  +4.512000000000000E+03,                              
      PCTPAGES =           3,                                          
     STATSTIME = '2011-05-30-19.55.24.652542'                          
  WHERE CREATOR = 'DSN8910' AND NAME = 'EMP';                          
…(以下省略)…

 


 

以上、DB2 for z/OSのアクセスパス管理機能に関するトピックスを、「性能、パフォーマンスの最大化、最適化」の観点からいくつか紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?

これらの機能を使いこなすためには運用上のしくみと工夫が必要となります。
少し宣伝になりますが、アークシステムはDB2を知り尽くしたスペシャリストを擁していますので、そのノウハウを提供する形で性能問題に限らず、運用上のさまざまな課題を解決していくことが可能です。ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

このページの先頭へ