当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
開発技法(ノウハウ)の提供
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第4章 :IPA未踏ソフトウェア創造事業「成果報告会」について

2IPA未踏ソフトウェア創造事業、千葉PM「成果報告会」のもよう

成果報告会は2007年2月24日、新宿パークタワーで100名以上の参加者に向けて開催されました。千葉PMの指導を受けてきた4名の未踏ソフトウェア 開発者の成果発表だけではなく、聞きに来てくださった方にいっそう楽しんでもらえるよう、The Seasar Projectのひがやすをさんや千葉PMにも講演いただく形をとりました。

IPA 平成18年度上期 未踏ソフトウェア創造事業 千葉 PM「成果報告会」の内容



【成果報告会がITproのニュースに】
当日の様子が日経BP社のITproに掲載されました。参加されなかった方もぜひこの記事をご覧になって、プロジェクトの成果物に興味を持っていただければ幸いです。
ITproニュース「Webシステムや高速DB,疑似クラス生成ツールなど,未踏千葉プロジェクトが2006年度上期の成果を報告」 (別ウィンドウで開きます)

成果発表1メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システム

写真:メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システムの成果発表
メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システムの成果発表

成果発表は私のKvasir/Sora (メタプラグイン機構に基づくコンテンツ管理システム) が最初でした。ここで参加者をがっかりさせては次以降の発表者に申し訳ないという思いで、当日の朝5時過ぎまで準備に準備を重ねて臨みました。技術的な話は最低限に抑えて、Kvasir/Soraを使うとWebサイトの構築やWebサイトへの機能追加がいかに簡単にできるかを実際にデモでお見せするという構成をとりました。元来緊張しやすいタイプのため始めはぎこちない発表になってしまいましたが、次第に雰囲気に慣れてきて、全体としては伝えたいことを伝えられたのではないかと思っています。


成果発表2Ruby言語によるオープンソースWebコマースシステムの開発

「Ruby言語によるオープンソースWebコマースシステムの開発」は広島で観葉植物の販売を行っている二宗崇さんによるものです。開発成果である Rubyで書かれたeコマースサイト構築ソフトウェア「esr-sys」を使って様々な外見のeコマースサイトを簡単に構築できる様子がムービーを使って紹介されました。

成果発表3センサデータ集約システムに応える高性能DBMSの開発

成果発表3つめは、筑波大学大学院で講師を務める川島英之さんによる「センサデータ集約システムに応える高性能DBMSの開発」です。高性能DBMS 「KRAFT」とその開発における副産物である高速版PostgreSQL「Sigres」を紹介し、高速化の原理やどの程度高速になったかについて説明されました。内容自体はやや技術的に高度でデータベースについて知らない人にとっては難しいところもあったのですが、川島さんの話術が素晴らしく、データベースのことを知らなくても聞いていて楽しめる発表だったと思います。

成果発表4テストケースから擬似クラスを自動生成する「KikainekoMocker」の開発

「テストケースから擬似クラスを自動生成するKikainekoMockerの開発」は伊尾木将之さんによるもので、JUnitのテストケースからテスト用の擬似クラスを生成するためのEclipseプラグインであるKikainekoMockerについてデモをまじえて発表されました。複雑な条件を満たす擬似クラスも生成できる例として "じゃんけん" を行うクラスを自動生成するデモを行うなど、KikainekoMockerの能力の高さがアピールできていたと思います。

特別講演1Flexを使ったSuper Agile Rich Client with Seasar2

「Flexを使ったSuper Agile Rich Client with Seasar2」ではThe Seasar ProjectのひがやすをさんがFlexを使ったリッチクライアントを簡単に作成するデモを行ってくださいました。実はデモを行う中でちょっとしたトラブルが発生したのですが、トラブルをものともせずにアドリブで話を進めるひがさんのプレゼンテーション能力の高さに感動しました。自分もああなりたいものです (トラブルには見舞われたくありませんが)。

特別講演2Binary Hacking in Java

写真:千葉PMと4人の未踏ソフトウェア開発者
千葉PMと4人の未踏ソフトウェア開発者

最後は我らが千葉PMによる特別講演で、「Binary Hacking in Java」と題してJavaの最新バイトコード事情を紹介してくださいました。内容は非常に高度でしたが、とても興味深い話で参考になりました。残念ながらこの発表資料は公開されていませんが、機会があればぜひ公開していただきたいものです。

このページの先頭へ