当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
開発技法(ノウハウ)の提供
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第2章 :「Kvasir/Sora」とは

2Kvasir/Soraの機能的な特徴 ~利用者にとって何が嬉しいか~

前ページで述べたメタプラグイン機構のような技術的な特徴は、Kvasir/Soraを拡張したい開発者にとっては重要かもしれませんが、CMSの利用者からするとそれほど重要なポイントではありません。利用者にとって重要なのは、「Kvasir/Soraを使うことで何ができるのか ?」「他のCMSよりもどう使いやすいのか ?」という点でしょう。そこで今度は機能的な特徴を説明したいと思います。

Kvasir/Soraが提供する機能のうち、特徴的なものは次のものです。

1.Ajaxを利用した画面レイアウト変更機能

CMSを使ってWebサイトを構築する場合、画面のレイアウトをCMSが提供する標準のものから変更したくなることがあると思います。しかしながら、「レイアウトテンプレートファイルをどこどこのディレクトリに置けば変更できますよ」というタイプのCMSでは、レイアウトファイルを置き換えてみないと変更結果が確認できません。そのため、ちょっとレイアウトを変えて試してみるといったことが手軽には行いにくくなっています。

Kvasir/Soraでは、レイアウト変更を直感的に行えるよう、Webブラウザからドラッグ & ドロップ操作によってWebサイトの外観をカスタマイズできるようになっています。

下に、「画面に部品を配置していく様子」と「部品の属性を変更していく様子」の2種類の動画 / 静止画をご用意しました。ぜひこの機能の便利さを体験してください。

スクリーンショット:画面に「メニュー」「検索フォーム」などの部品を配置していく様子
画面に「メニュー」「検索フォーム」
などの部品を配置していく様子
動画 (Flash 5.7MB)静止画
(別ウィンドウで開きます)

スクリーンショット:画面にはめこまれた部品の属性を変更していく様子
画面にはめこまれた部品の
属性を変更していく様子
動画 (Flash 2.8MB)静止画
(別ウィンドウで開きます)

動画がご覧になれない場合、Flash Playerをインストールしてください Adobe Flash Playerのダウンロード

2.プラグイン取得・更新機能

プラグインのしくみを持つCMSでは、プラグインを追加することで簡単に機能を拡張することができますが、プラグインを探してきて追加したり、既存のプラグインをアップデートするために多くの労力を必要とします。一般的には、「プラグインを追加する場合はアーカイブをダウンロードしてきて特定フォルダに置いてシステムを再起動すればOK」のようなCMSが多いと思いますが、自分でわざわざプラグインのアーカイブをダウンロードしてフォルダに置くのは面倒です。また、一度追加したプラグインを最新版に更新するのはすべて手動操作であるようなCMSも珍しくはありません。

そこでKvasir/Soraでは、プラグインの追加や更新を簡単に行えるような機能を提供します。例えば、プラグインを追加したい場合は、プラグイン管理画面から追加したいプラグインのIDを指定して「追加」ボタンを押すだけで、自動的にプラグインアーカイブをダウンロードしてきてシステムにインストールしてくれます。また、インストールずみのプラグインについて新しいバージョンのものが公開されていればそれを通知してくれたり、簡単な操作で新しいバージョンにバージョンアップしてくれたりします。・・・ですが、残念ながらこの機能はまだ実装されていません。現在鋭意開発中ですので、もうしばらくお待ちください。

3.多言語対応

グローバルに情報を公開するWebサイトでは、日本語コンテンツだけでなく英語や他国語のコンテンツを公開・管理する必要があります。Kvasir/Soraでは、一つのコンテンツについて複数言語分の本文を持たせることができるようになっているため、単にある一つの言語向けのWebサイトを構築できるだけでなく、一つのWebサイト上で複数言語分のコンテンツを同時に公開するようなグローバルなWebサイトを簡単に構築することができます。

ここで説明した特徴の他にも、マルチドメイン対応や、サーバーのクラスタリング対応など、さまざまな特徴があります。Kvasir/Sora (別ウィンドウで開きます) は現在開発中であるため、すべての機能が実装ずみではありませんが、ぜひ実際に使って試してみていただければと思います。

このページの先頭へ