当社エンジニアによる書き下ろし技術レポート Close-Up IT

技術レポート 新着RSS(Atom)

この記事に関連するサービス
開発技法(ノウハウ)の提供
この記事に関連するお問い合わせ
お問い合わせ

第1章 :概要

1IPAの未踏ソフトウェア創造事業とは ?

未踏ソフトウェア創造事業とは、ソフトウェア関連分野で優れた能力を有する "スーパークリエーター" を発掘・支援することを目的に、独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) が2000年度から実施している事業です。

未踏ソフトウェア創造事業は、法人を対象に行っているソフトウェア開発支援制度とは異なり、「個人または数名のグループを対象として、次世代のIT 市場創出を担う独創性と優れた能力を持つ人材を積極的に発掘」する事業です。彼らが開発に専念できる環境を整備し、新市場を切り拓くソフトウェアの開発支援を行う事業であり、プロジェクトの実施に当たっては、情報技術分野において日本ならびに世界を代表する有識者がプロジェクトマネジャー (PM) を務め、提案内容の審査、開発者の能力に応じた指導・助言、開発終了後の評価を行います。

2006年度上期は10名のPMにより公募が行われました。提案内容にふさわしい公募対象分野のPMを選択する必要がありましたが、今回の提案では東京工業大学大学院の千葉滋PMに対して提案を行い、採択していただくことができました。

このページの先頭へ